原材料ラベルを撮影して送るだけ! アレルギー表作成代行サービス

お問い合わせ

飲食店の皆さま、
アレルギー表の作成はお済みですか?

CAN EATなら素早く正確に作成することができ、
お客様からのアレルギー相談に
誰でもすぐに答えられるようになります。

アレルギー表

3つの特徴

加工品の原材料欄をスマホで撮影、
CAN EATへ送るだけ。

アレルギー表を自前で作成するためには、食品表示の読み方の勉強が必須。ミスが許されないため人手を多く割く必要がありますが、しっかりと対応できていない飲食店も少なくありません。しかし、いざアレルギーに関するお問い合わせがあったときに、原材料を正しく把握していなかったり、包装材を捨ててしまっていたりすると、トラブルの原因に。CAN EATでは、加工品の原材料欄をスマホで撮影してお送りいただくだけで、アレルギー表を作成代行します。
(※メニューごとのアレルギー表作成も別途承っております)

見落としやすいポイントをCAN EAT独自のシステムで自動チェック

たとえば乳成分が含まれる表記として、「牛乳」 「バター」「チーズ」「乳糖」などがありますが、「乳酸カルシウム」「乳化剤」「ピーナッツバター」などは乳成分ではありません。人間が判断すると間違えやすい判定を、OCRエンジンを活用した独自のシステムで自動で判断するため、早く正確にチェックできます。

必要に応じてメーカーへの確認も代行

よく発生するアレルギーの事故として、「サバが含まれると書かれていなかったため提供したが、実際にはサバの成分が入っていたようだった」というものがあります。サバや大豆などの特定原材料に準ずる21品目は、表示義務がないため、正確に判断するためにはメーカーへの確認が必要です。

CAN EATでは専門家の目視チェックに加え、必要に応じてメーカーへの確認も代行いたします。(※オプション)

ご導入の流れ

  • お問い合わせ

    STEP1 お問い合わせ・お申込み

    まずはお問い合わせください。数日以内にサービスの詳細や費用感をご案内いたします。

  • お申し込み

    STEP2 原材料を撮影

    スマートフォンで加工品の原材料を撮影してください。

  • ご利用開始

    STEP3 CAN EATに送付

    CAN EATに撮影した写真をお送りください。数営業日後、アレルギー表をお返しします。

※点数によって納期が変わりますのでご注意ください。
※メニューごとのアレルギー表をご希望の場合は、ファイル名にメニュー名をご記載ください。

CAN EATで今すぐアレルギー対応の準備を
しましょう

まずお問い合わせください。
営業担当からご連絡いたします。

スクリーンショット

お問い合わせ

お名前

ご所属(会社名/店舗名)

メールアドレス

電話番号

お問い合わせ内容

お問い合わせにおける個人情報について同意の上、送信をお願いします。